春季大阪府大会も中止 今夏の大会は従来通りノーシードで

[ 2020年4月3日 17:20 ]

 大阪府高野連は3日、理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、春季府大会の中止を決定した。

 18日に開幕予定とされていたが、先月24日に行われた組み合わせ抽選では対戦校は決まったものの、日程や球場が未定のままだった。近畿2府4県では兵庫、滋賀に続く中止決定。春季近畿大会の中止の判断も2日に下されている。7月11日に開幕予定の第102回全国高校野球選手権大阪府大会では春季大会ベスト16以上のチームにシード権が与えられることになっていたが、中止に伴い今夏は従来通りノーシードで行われ、来夏からの導入を予定している。

 大阪府は昨夏の甲子園を制した履正社や復権を期す大阪桐蔭など強豪がそろう全国屈指の激戦区。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース