巨人育成のウレーニャ 紅白戦タイムリー2本でアピール

[ 2020年4月3日 16:00 ]

巨人のウレーニャ
Photo By スポニチ

 巨人の育成・エスタミー・ウレーニャ内野手(20)が3日、ジャイアンツ球場のファーム練習で行われた紅白戦に白組の「5番・DH」で出場し、適時三塁打を放った。

 1―1の6回2死一塁。池田の初球をフルスイングした打球は右翼フェンスに直撃。一気に三塁を陥れたドミニカンは「打ったのはストレート。ストレートが必ず来ると待っていた。強いスイングができたし、チャンスで結果を残すことができてよかった。さらにアピールできるように頑張ります」とコメントした。

 昨年11月にドミニカ共和国で行われたトライアウトを受験し、視察した阿部2軍監督の目に留まった20歳は、7回にも左前2点打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース