中日・根尾 開幕1軍へ「自主性」がテーマ「短い時間の中でできることを」

[ 2020年4月3日 05:30 ]

守備練習に取り組む中日の根尾
Photo By スポニチ

 中日・根尾が2日、開幕1軍に向け「自主性」をテーマに掲げた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、チームは1日から自主練習に変更。「自分で考えて練習する時間がある。自主性が求められている」と覚悟を口にした。

 当初の3月20日の開幕が延期となったことで実戦機会を増やすため、同22日に2軍降格したが、2軍の練習試合も今月5日まで中止となり、その後のスケジュールも不透明なままだ。「早く1軍に上がれるようにとにかく練習するしかない」と先行きが見通せない状況でも前を向いた。

 この日はナゴヤ球場でドラフト1位・石川昂とペアを組み、守備や打撃練習を実施。1軍同様、2軍も時間差を設けて練習しており、動ける時間は限られる。「本当はずっと練習したいが、短い時間の中でできることを。量も質も求めたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース