阪神・小幡 PCR検査は陰性 新型コロナ感染疑いも現在は平熱に

[ 2020年4月3日 19:31 ]

阪神・小幡竜平内野手
Photo By スポニチ

 阪神は3日、小幡竜平内野手(19)がPCR検査を受けた結果、陰性反応が確認されたことを発表した。

 検査結果の発表については当初明日4日とみられていたが、一転して3日の内に発表された。小幡は1日に37度2分の発熱があり、2日朝は37度7分まで上がり倦怠感も訴えた。球団は2日午後6時に小幡がPCR検査を受けたことを発表していた。

 小幡は現在平熱に戻り、倦怠感等の他の症状は見られないという。球団は今後も念のため寮での自室隔離を継続し、以後も保健所の指示に基づき、経過観察および保健所への体調報告を続けていく方針だ。

 予断を許さない状況に変わりはないものの、藤浪、伊藤隼、長坂に続いての感染は免れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース