阪神 江夏豊が演じた2年越しの熱投――「4・12開幕戦」の悔しさは「4・12開幕戦」で晴らす

[ 2020年4月3日 05:30 ]

開幕よ、来い――猛虎のシーズン初戦を振り返る

1970年4月12日、開幕戦でヤクルトを完封し、村山監督(左)に迎えられる江夏
Photo By スポニチ

 【1970年4月12日】ドッとわき上がった歓声の中から七色のテープが乱れ飛んだ。村山実新監督の初陣に白星を届けたのは、江夏豊だった。「やっと肩の荷が下りた」。ホッとしたような顔が浮かんだ。わずか99球、2時間15分で終わらせた完封劇。散発3安打に抑え、12三振を奪った。

 実はオープン戦最後の登板だった8日前に風邪をひいた。「熱はないが、体の節々が痛い」。くしゃみ、せきも止まらず、マウンドに立つ直前までトレーナーからマッサージを受けていた。直球の球速が上がらず、カーブと制球で補った。

 「スピードはそれほどでもなかったけど、要所要所は力を入れて投げた。それにコントロールが良かった」

 初回2死で二塁打された窮地を切り抜けた後は6回2死で振り逃げを許すまで1人も走者を出さなかった。8回に背負った走者もけん制で刺し、途中から「無四球と毎回三振を狙ってやれ」と思い、本当に達成した。

 村山は選手兼任での監督就任。「江夏は完璧なまでのピッチングをやってくれた。満点の試合だ」。がっちりと握手を交わした。

 江夏にとっては2年越しの熱投だった。1年前も同じ4月12日に開幕戦に登板。3年目で初の開幕投手を務めた。3回に内野安打で走者を背負い四球で2死一、二塁とピンチを広げると、林健造の一塁後方へ落ちる適時打で先制された。2本とも不運な安打で、唯一の失点になった。

 8回1死二、三塁も連続三振で切り抜けるなど9回完投。援護に恵まれず、143球の力投は報われなかった。「負けは負け。負けた方が悪いんですよ」。ふろ場で顔を合わせた遠井吾郎から「悪いことをしたな…。すまなかった」と頭を下げられ、「はあ…」と返事しただけで顔をゴシゴシとタオルでこすったという。引きつった顔を見られたくなかったのだろう。開幕戦の悔しさは開幕戦で晴らすしかなかった。

 江夏は翌71年も中日との開幕戦で4―1の完投勝利を挙げ、阪神投手では唯一の3年連続開幕戦完投の偉業を残した。=敬称略=

 〇…村山実は34歳で迎えた監督1年目の70年を77勝49敗4分の勝率・611で、首位・巨人から2ゲーム差の2位で終えた。投手としても14勝3敗で最優秀防御率(0・96)と最高勝率(・824)の2冠。特に防御率0・96は規定投球回数以上では戦後唯一の防御率0点台だった。

 ▽1969年の世相 東名高速道路が全線開通(5月)、米国のアポロ11号が人類初の月面着陸に成功(7月)、アニメ「サザエさん」放送開始(10月)、巨人・金田正一が通算400勝達成、同年引退(10月)、プロ野球「黒い霧事件」西鉄・永易将之を八百長関与で国内球界初の永久追放処分(11月)【流行語】「Oh! モーレツ」「アッと驚く為五郎」

 ▽1970年の世相 日本万国博覧会(大阪万博)が開幕(3月)、日航機よど号ハイジャック事件発生、国内初のハイジャック事件(3月)、大阪で天六ガス爆発事故発生、死者79人、負傷者420人(4月)、ビートルズ解散(4月)、三島由紀夫が陸上自衛隊市ケ谷駐屯地で割腹自決(11月)【流行語】「ウーマン・リブ」「鼻血ブー」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月3日のニュース