川口和久氏 資格回復研修会受講 センバツ確実な母校の臨時コーチ務めるため

[ 2019年12月13日 20:17 ]

川口和久氏
Photo By スポニチ

 プロ野球経験者が高校野球などの資格を得るための「学生野球資格回復制度」の研修会が13日、都内で行われ、元マリナーズのイチロー氏が出席した。

 そのイチロー氏と96年の日本シリーズで対戦した、元巨人の川口和久氏も研修を受講した。

 母校の鳥取城北が秋季鳥取大会で優勝。中国大会でも準優勝し、来春のセンバツ出場を確実にしている。

 そこで「校長先生にも言われているので、臨時コーチとして母校の選手を教えてあげられるように」と川口氏。順調なら来年2月8日から指導が可能になり、センバツまでの期間中にコーチを務めることもできる。

 オリックスと戦った96年の日本シリーズではリリーフとして3試合に登板。イチロー氏とは3打数1安打だった。

 そのイチロー氏と一緒に受講した川口氏は「イチロー君も子どもを指導したいという純粋な気持ちを持っているのは、本当にいいことだと思う。指導者としてすごい選手を生み出すかも」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月13日のニュース