マリナーズ、平野獲得に動く 救援陣手薄 雄星サポート役も期待

[ 2019年12月13日 05:33 ]

ダイヤモンドバックスからFAとなっている平野(AP)
Photo By AP

 マリナーズが、ダイヤモンドバックスからFAとなった平野佳寿投手(35)の獲得に動いていることが11日(日本時間12日)、分かった。

 複数の関係者によると、今季地区最下位のマ軍は50試合以上登板した救援投手がおらず、2年連続60試合以上登板の平野に強い興味を示しており、来季2年目を迎える菊池のサポート役としても期待している。

 平野争奪戦はマ軍が先行。今季まで在籍したダ軍など5球団が追いかける展開だったが、ウインターミーティング中にさらに2、3球団が加わってきたという。代理人のジョン・ボッグス氏は「今後、各球団は救援投手に焦点を移す。平野はチームの勝利に貢献できる投手で、そこに価値がある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月13日のニュース