広島・床田、25歳一般女性と結婚「守る人ができたのでしっかりと結果を」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

広島・床田
Photo By スポニチ

 広島は12日、床田寛樹投手(24)が岐阜県出身の一般女性(25)と結婚すると発表した。床田は球団を通じ「守る人ができたので、これから2人でお互い支え合って、しっかりと結果を残せるように頑張ります」とコメントした。

 3年目の今季は先発で25試合に投げ、7勝6敗、防御率2・96をマークした左腕。11月29日の契約交渉では大瀬良、ジョンソンに次ぐ15回のクオリティースタート(6回以上で自責3以下)が高評価され、2050万円増の年俸2700万円で更改していた。

 主砲の鈴木と同様、伴侶を得て一層の期待が膨らむ来季。わずか3回1/3だけ届かなかった規定投球回数クリアを目標に掲げ、「1年間1度も1軍を外れずに投げたい」とフル回転を誓っている。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月13日のニュース