楽天・銀次は2500万円増 3年契約「40歳までやって2000安打を」

[ 2019年12月13日 16:04 ]

40歳まで現役を誓った楽天・銀次
Photo By スポニチ

 楽天・銀次内野手(31)が、仙台市内の球団事務所で契約更改を行い、2500万円増の年俸1億1000万円でサインした。3年契約で、総額3億3000万円プラス出来高。来季15年目の銀次は「40歳までやって(通算)2000安打を打ちたい」と、目を輝かせた。

 今季は主将として141試合に出場。入団当時のポジションである捕手として緊急出場も経験するなどしたが、バットでは自己最多の161安打で打率・304、5本塁打、56打点をマーク。打率はリーグ4位を記録した。銀次は「来季の目標は首位打者。無理なところにはいない」と言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月13日のニュース