ロッテ関谷が現役引退「思い出深いのはプロ初登板初勝利」

[ 2019年12月13日 12:20 ]

ロッテ・関谷亮太
Photo By スポニチ

 ロッテは13日、関谷亮太投手(28)が現役引退し、来季は1軍打撃投手になることを発表した。

 日大三、明大を経てJR東日本へ入社し、15年ドラフト2位指名され、ロッテ入団。16年5月21日のオリックス戦(京セラドーム)でプロ初登板初先発初勝利を記録するなど、1年目は5勝を挙げる活躍を見せた。ただ、2年目以降は1軍での登板機会が減り、今季は1軍登板なしだった。

 関谷は球団を通じ「4年間という短い間でしたが沢山の応援をいただきありがとうございました。やはり思い出深いのはプロ初登板初勝利を挙げた一年目の京セラドームでのオリックス戦です。これからはスタッフとしてしっかりとチームを支えることが出来るように頑張りたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月13日のニュース