松中信彦氏が四国IL香川のGM兼総監督就任「若い選手を教え経験積みたい」

[ 2019年9月30日 18:58 ]

松中信彦氏
Photo By スポニチ

 四国アイランドリーグplus・香川は30日、元ソフトバンクの松中信彦氏(45)が、GM兼総監督に就任すると発表した。

 2004年に平成唯一の三冠王を獲得するなど活躍し、16年3月に現役引退を表明。野球解説者の他、子ども向けの「松中信彦ベースボールアカデミー」などを開講し、普及活動に努めてきた。

 今年8月に香川のイベントに参加し、球団幹部と意気投合したという松中氏は「地域密着のチームを作りたいとの打診をもらった。NPB(で指導者)の思いもあるけど、指導者としては新人。GM職も初めてだし、独立リーグで若い選手を教え経験を積みたい」と意気込みを語った。

 10月上旬からチームに合流し、入団会見も行う予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月30日のニュース