待ちに待った本拠地開催!DeNA、7年前発売のCS観戦権チケットが特別復活 購入者50組を招待

[ 2019年9月30日 17:16 ]

2012年に発売した「~感謝、そして夢~新・熱いぜ!チケット」
Photo By 提供写真

 DeNAは、球団の親会社となった初年度の12年に発売した「~感謝、そして夢~新・熱いぜ!チケット」を特別に復活させると発表した。

 同チケットは中畑清監督(現スポニチ評論家)が率いていた12年のシーズン最終戦に発売し、内野指定席SSがペアで1万1000円。そこに1人1000円を加えた1万3000円で購入したファンに、16年までにDeNAがCSに進出した際の内野指定席ペア観戦券がついてくるチケットだった。

 チームが強くなることを信じた大勢のファンがチケットを購入。しかし16年に念願のCSに進出したものの、3位だったために本拠地開催はならず、その「権利」も一度は失効していた。

 今季はついに2位となり、CSファーストSを本拠地で開催する。そこで一度は失効したが、当時チケットを購入した50組100人を10月5日のファーストS第1戦に招待することを決めた。

 チームが強くなることを信じ、熱い声援を送り続けてくれたファンへ、感謝の思いを込めた今回の企画となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月30日のニュース