阪神 高山、劇的サヨナラ満弾に「不思議な感じ。完璧でした」

[ 2019年5月29日 23:36 ]

セ・リーグ   阪神8-4巨人 ( 2019年5月29日    甲子園 )

<神・巨>延長12回、サヨナラ勝ちで喜ぶ矢野監督(中央)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 4時間30分の熱戦に阪神が終止符を打ったのは、この日23人目の出場選手であり、最後の野手だった高山だった。

 「自分が打ったのかよく分からない。不思議な感じです。切れないか心配でしたが(当たりは)完璧でした」

 2四球1安打で味方がつかんだ12回1死満塁の場面。代走として途中出場していた植田の代打として打席に立つと、2ボールから左腕・池田のカットボールを打ち抜いた。右翼ポール際に飛び込んだ打球を見届けた甲子園の観衆は蜂の巣をつついたような大騒ぎとなった。歓喜のホームを踏むと、迎えられたナインからたくさんの水を浴び、「水の勢いが凄かったです」と笑顔で振り返った。

 殊勲の一打に矢野監督も「ずっと悔しい思いをしていた。エリート選手がベンチで、それでも声を出してくれている。心の成長を感じる。その悔しい思いをぶつけた。めちゃめちゃうれしいです」と感情をはき出した。

 お立ち台で高山は「やっぱりジャイアンツに勝ったらこれだけファンの皆さんも喜んでくれる。明日も勝てるように頑張ります」と翌日の勝利を誓った。伝統の一戦での代打サヨナラ満塁弾は史上初。甲子園での対巨人戦連敗を9で止め、0・5ゲーム差で追っていた宿敵をかわし、2位に浮上した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月29日のニュース