中日・清水 達也の由来は「タッチ」、漫画のような活躍見せた

[ 2019年5月13日 08:31 ]

セ・リーグ   中日5―2阪神 ( 2019年5月12日    甲子園 )

<神・中>ウイニングボールを手に、プロ初勝利を与田監督(左)から祝福される清水(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】清水の名前「達也」は、野球漫画の名作「タッチ」の主人公、上杉達也にちなんで名付けられた。というのも清水家は家族そろって野球漫画好き。タッチの作者、あだち充の作品は全作、その他にもMAJORやダイヤのAなども自宅にそろっている。清水が生まれた際、名前の候補は3つ。「達也がいい」と家族全員の意見が一致し、名付けられたという。

 母・百合野さん(52)は清水の入団時に「甲子園で優勝してプロ野球選手になって…。漫画の通り。信じられない」と喜んでいた。その自慢の息子が甲子園でプロ初先発して初勝利。聖地で躍動した竜の“たっちゃん”は本家に負けず劣らずの主人公ぶりを発揮した。(中日担当・徳原 麗奈)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月13日のニュース