早大 序盤7安打も攻めきれず、13日敗れればV可能性消滅

[ 2019年5月13日 05:30 ]

東京六大学野球 第5週第2日   早大1―3立大 ( 2019年5月12日    神宮 )

<立大・早大>ベンチで考え込む早大・小宮山監督=右(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 早大は3回までに7安打しながら攻め切れず、1勝1敗とされた。「序盤から一気に行けと言ったんだ。形はできたけど1本が出なかったな」と小宮山監督は無念の表情。

 13日の3回戦は敗れると優勝の可能性が消滅する一戦。「絶望的、首の皮一枚という感じ。明日は早川。どちらが勝ちたいかでしょう」と奮起を促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月13日のニュース