ヤクルト・高梨4勝目 「母の日」に白星プレゼント 5回1失点で巨人戦初勝利

[ 2019年5月13日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―1巨人 ( 2019年5月12日    東京D )

<巨・ヤ>巨人戦初白星を挙げたヤクルト・高梨(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 敵地でのヒーローインタビュー。スタンドから両親に見守られる前で、ヤクルト・高梨は歓声を受けた。「もっといい投球をできたら良かったけど、少しは親孝行になったかなと思います」。母の日に白星をプレゼントした。

 初回。坂本勇の記録を塗り替える安打をきっかけに先制点を失ったが、なおも2死二、三塁で山本を見逃し三振。最少失点でしのぐと、その後は粘投。140キロ台後半の直球にフォークを多投し、封じ込めた。

 5回1安打1失点。6四球と制球に苦しんだが、小川監督は「よく粘った。荒れ球もあって(相手も)絞りにくかったのかもしれない」と目尻を下げた。自身3連勝で4勝目を挙げた高梨は、巨人戦初勝利もマークした。

 昨オフに日本ハムからトレード移籍が決まった際、母・早苗さんからは「自分らしく頑張りなさい」と背中を押された。負傷者続出の中、孝行息子がチームに価値ある勝ち越しを呼び込んだ。首位・巨人に1ゲーム差に迫った。 (川手 達矢)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース