明大連勝で首位タイ、打線奮起 4番北本適時打含む2安打

[ 2019年5月13日 05:30 ]

東京六大学野球 第5週第2日   明大8―2東大 ( 2019年5月12日    神宮 )

<明大・東大>初回1死三塁 適時打を放つ明大・北本(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 明大は打線が奮起し、東大に連勝で首位タイに立った。

 4番の北本が初回に右前適時打を放つなど2安打。前日は延長10回、1―0でサヨナラ勝ちと辛勝し「昨日(11日)は凄く悔しかったので、とにかく打者で勝とうと言い合っていた」と深夜までバットを振った成果を発揮した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース