平野 今季初被弾「失投」、早くも昨季の半分の11失点

[ 2019年5月13日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4―6ブレーブス ( 2019年5月11日    フェニックス )

<ダイヤモンドバックス・ブレーブス>9回途中から登板し、2/3回を1失点だったダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックスの平野は1点ビハインドの9回1死から登板し、初球を捉えられた。外角低めを狙った直球が力んで中へ。今季許した初本塁打で2点差に広げられ「失投。ど真ん中だった」と悔やんだ。

 2/3回を投げて2安打1失点で、早くも昨季の半分の11失点(自責点9)。メジャー2年目の今季はなかなか勢いに乗れず、制球ミスを痛打される場面が目立ち「力むのをコントロールしないといけない」と反省した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース