ロッテ・中村奨が決勝打 打率2割に乗せ「一本ずつです」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―4ソフトバンク ( 2019年5月12日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>7回1死二、三塁、中前適時打を放つ中村奨(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 試合前まで打率1割台だったロッテの中村奨が、4―4に追いついた7回1死二、三塁で甲斐野から中前へ決勝適時打を放った。「フォークが続いて、最後の球が甘かった」。右手の手袋を外し、片方だけ素手で打った。「詰まったり、危なかったりもするけど、この方が感覚は良くなる」と試行錯誤し、決断した。打率は2割となったが「一本ずつです」と気を緩めることはなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース