DeNA・東 14日の中日戦に向け調整「試合をつくることに集中したい」

[ 2019年5月13日 15:15 ]

投手練習で調整するDeNA・東
Photo By スポニチ

 14日の中日戦(横浜)に先発するDeNAの東克樹投手が13日、横浜スタジアムで調整を行った。

 左肘違和感から復帰初戦だった前回6日の巨人戦ではまさかの3回8失点KO。「前回は悔しい登板だったので、同じことを二度としないように一週間調整してきた。(自身の白星は)ほしいけど、それよりまずは試合をつくること。前回のようになるとチームの士気が下がってしまう。接戦に持ち込めたらそれは自分の仕事なので、試合をつくることに集中したい」と表情を引き締めた。

 この一週間でグラブの位置を下げるなど試行錯誤を続けてきた。好調の打者が並ぶ中日打線の中でも、昨季打率・667と打ち込まれているビシエドを要注意人物に挙げ「つながれたら大量失点を許してしまうのでつながれないように。要所を締める投球をしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月13日のニュース