“PLの桑田”が投げた 先発で1回1失点 マスターズ甲子園予選

[ 2019年5月13日 05:30 ]

<PL学園・春日丘>先発登板し1回を1失点のPL学園・桑田氏
Photo By スポニチ

 元高校球児が再び甲子園を目指して争う「マスターズ甲子園2019」の大阪予選が12日に堺市内で行われ、PL学園OBの元巨人・桑田真澄氏(51)が春日丘OBとの2回戦で公式戦初出場した。

 「4番・投手」で先発し、1回を2安打1失点。けん制で一塁走者をアウトにする場面もあり、2回は遊撃の守備に就いた。この回で交代し、打席は一ゴロ、野選、四球。試合は14―9で快勝し、休部中のOB会長も務める同氏は「昔の仲間と一緒にPLのユニホームを着て野球ができて、うれしかった」と頬を緩めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース