立大 1年生4番山田2打点、打率4割超も「貢献するだけ」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

東京六大学野球 第5週第2日   立大3―1早大 ( 2019年5月12日    神宮 )

<立大・早大>5回2死一、二塁 適時二塁打を放ち塁上で、ガッツポーズする立大・山田(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、立大は早大を3―1で破って1勝1敗とした。1年生の4番・山田健太内野手が5回に2点二塁打を放つなど2安打2打点。3試合連続のマルチ安打をマークした。明大は東大に8―2で連勝。勝ち点を3とし、慶大に並んで首位に立った。東大は17年春から1分けを挟み30連敗で最下位が確定した。

 立大・山田の快進撃が止まらない。0―0の5回に1点を先制し、なお2死一、二塁から左中間を真っ二つに破った。2人の走者を還す二塁打となり「きれいに抜けた。何とか打てて良かった」と振り返った。

 昨年甲子園で根尾(現中日)らと春夏連覇した大阪桐蔭の正二塁手。当時は7番だったが、高校通算23本塁打を誇る。開幕戦からリーグ戦デビューし、4番で4試合目。「チャンスこそ初球から積極的にいく」と“大阪桐蔭スタイル”を貫く。早大の一塁手も高校で同期の中川卓。「(塁上で)ナイスバッティングと言われた」とうれしそうだった。規定打席に達していないが、打率・458。首位打者を期待する声も上がるが「全然考えていない」と言い、「チームに貢献することだけ」と13日の3回戦を見据えた。(松井 いつき)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース