吉川 1Aで先発、4回4失点 チェンジアップに収穫も

[ 2019年5月13日 02:30 ]

先発し4回4失点だったDバックス傘下1Aの吉川(撮影・奥田秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 ダイヤモンドバックス傘下1Aバイセリアの吉川が、ランチョクカモンガ戦に先発し、4回65球を投げて2本塁打を含む6安打4失点(自責3)で2敗目を喫した。

 米国特有の硬いマウンドへの適応途上で「もっとコースを狙って投げられるようにならないと」。2本塁打はいずれも直球が甘く入った。得意球のチェンジアップで空振りを奪い、内野ゴロを打たせるなど収穫も。「右打者にも左打者にも使えた」と話した。(ランチョクカモンガ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月13日のニュース