中日・笠原 完璧6回無安打!開幕ローテ入り確実に

[ 2019年3月9日 15:10 ]

オープン戦   中日―ロッテ ( 2019年3月9日    ZOZOマリン )

<ロ・中>中日先発の笠原は6回を投げ無安打無失点(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日の笠原祥太郎投手(24)が9日、ロッテ戦に先発。6回を投げ無安打と完璧な投球内容で開幕ローテーション入りを確実にした。

 「出来過ぎな感じがあります。カットボールが良いところに決まっていたし、テーマにしていたカーブも結構使えた。まとまった良いピッチングができました」

 序盤から直球と100キロ台のカーブ、打者のタイミングをずらす宝刀チェンジアップを上手く組み合わせ、緩急を使った投球術でロッテ打線を封じた。

 4回1死から平沢にストレートの四球を与えたが、続く藤岡をカーブで右飛、井上をチェンジアップで二邪飛に仕留め、一度もHランプを灯さなかった。

 開幕投手の筆頭候補に名前が挙がるが「監督が決めること。あまり意識していない」とどこまでも謙虚な左腕。昨季、チーム2位タイの6勝を挙げ「オープン戦で結果を残し、ローテに入ることが大事」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月9日のニュース