DeNA 外野の定位置を狙う2年目コンビがアピール 楠本&宮本マルチ安打

[ 2019年3月9日 18:28 ]

オープン戦   DeNA5―12広島 ( 2019年3月9日    福山 )

 外野の定位置を狙うDeNAの2年目コンビがアピールした。

 「2番・右翼」で先発出場した楠本がマルチ安打。1、2打席目は凡退も、5回無死の第3打席に大瀬良から中前打を放つと、6回1死二塁で迎えた第4打席は矢崎のフォークを捉えて右翼フェンス直撃の適時二塁打。それでも「2安打はもちろん良かったが、代打なら最初に打たないといけない。1、2打席目に打たないといけないところだった」と満足感はなかった。

 また「6番・左翼」の宮本も、5回2死一、二塁から中前適時打を放つなど2安打をマーク。ラミレス監督は「楠本、宮本だけでなく、全体的にいいアピールをしてくれた」と16安打を放った打撃陣を評価していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月9日のニュース