楽天・岸、今季初実戦へ入念チェック「基本は直球とカーブ」

[ 2019年2月28日 05:30 ]

台北の球場のマウンドから球を投げ込む楽天・岸
Photo By スポニチ

 楽天・岸が28日の台湾・ラミゴとの親善試合第1戦で今季初実戦を迎える。先発で3イニングを予定しており、台北・天母球場のマウンドの感触などを入念に確認。「打者の反応や走者を背負う状況での投球を確認したい」と話した。

 ラミゴには台湾代表で主軸を打つ林泓育(リンホンユー)ら強打者が多い。「基本は直球とカーブ。それだけで抑えられないとなったら、他の球種も試すかもしれない」。則本昂が首の寝違えで台湾遠征に参加できなかっただけに、先発のもう一本の柱は「無事に投げ終えることが一番」と表情を引き締めた。 (台北・重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月28日のニュース