巨人・原監督、小林に熱血打撃指導 直後のフリーで柵越え7発

[ 2019年2月28日 05:30 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月27日 )

小林(右)を熱血指導する原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・小林が原監督からマンツーマンで熱血指導を受けた。15分間、ティー打撃で球を上げてもらいながら、スムーズなバットの出し方などをアドバイスされた。

 直後のフリー打撃で、91スイングで柵越え7発を含む安打性の当たりは34本。前日の中日戦では同点の9回無死満塁で放った三ゴロが失策を誘ってサヨナラ勝ち。「練習して結果を出せるようにしたい」と次はサヨナラ打を打つべく、打撃力向上を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月28日のニュース