巨人・岩隈、開幕間に合わない 原監督「まだ時間が必要」1軍復帰は5月メド

[ 2019年2月28日 05:30 ]

ピッチング後、握手を交わす阿部(左)と岩隈(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・岩隈久志投手(37)が27日、開幕に間に合わない見通しとなった。投球練習を見守った原辰徳監督(60)が慎重な姿勢を示したもので、初登板のメドを5月とした。17年秋に手術を受けた右肩の状態を見ながら開幕ローテーション入りを目指してきたが、28日の春季キャンプ打ち上げ後は2軍に合流して調整する。

 原監督が投球練習視察のため動いた。主に野手が練習を行うメイン球場から、車でブルペンに移動。捕手の真後ろに立ち、約20メートル先の岩隈を見つめた。

 「思ったよりも投げられるなというのが僕の印象。ただ開幕までという部分からいくならば、少しまだ彼には時間が必要」

 春季キャンプ打ち上げ前日。岩隈はキャンプに入って初めて通常の距離で座った捕手に45球を投げた。フォームを安定させるためセットポジション。球を受けたのは阿部で、原監督が指揮した09年WBCの練習で組んで以来のバッテリーだった。首脳陣の見立てでは現在5、6割の状態で、やや制球がばらつく。岩隈は「自分が今どれくらい投げられるかの確認。まだ上(半身)と下(半身)が合っていない。上が力んでいる」と自己採点した。

 17年9月に右肩手術を受け、昨季はメジャー登板がなかった。8年ぶりに日本球界復帰。「先発一本」に設定して開幕ローテーション入りを目指してきたが、原監督は「本人も慎重にいかざるを得ない」と理解を示した。1軍初登板について、宮本投手総合コーチは「5月くらいかな」とし「チーム状況によってはローテーションに入ってくれるんじゃないかな」と続けた。

 投球練習後、原監督と話しながらブルペンを出た岩隈。3月17、18日は古巣マリナーズとのプレシーズンマッチが予定されているが、フリー打撃などで打者を相手に投げるのが3月中旬になる見込み。28日の帰京後は、2軍で調整することが決まった。

 「いい緊張感で腕を振って投げられた。まして阿部さんだったので、凄く気持ちよく投げられた。もう少しボールの伸びが欲しい」と段階は踏んでいる。開幕には間に合わないが、「一歩、二歩と段階を上げていけたら。不安は常に隣り合わせ」。シーズン中に先発投手陣の厚みを増すことはできる。(神田 佑)

 ≪菅野ら4人当確≫巨人の開幕ローテーションは現状で菅野、山口、メルセデス、ヤングマンの4人が当確。残りの2枠を今村、田口、ドラフト1位・高橋(八戸学院大)らが争っている。高橋は26日の中日戦で3回を1安打無失点と好投。宮本投手総合コーチが「ローテの近いところまで来ている」と評価した。さらに先発再転向が決まった沢村はファームでの結果次第で競争に加わり、野上も候補に挙がる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月28日のニュース