阪神・鳥谷、遊撃奪還へ闘志「ここから勝負が始まる」

[ 2019年2月28日 05:30 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月27日 )

植田(後方)らとともにシートノックを受ける鳥谷(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 遊撃の定位置奪回を狙う阪神・鳥谷が、春季キャンプを打ち上げ改めて宣戦布告した。

 「(キャンプの)点数はないですがケガなく過ごせてよかった。ここから勝負が始まるので、しっかり勝負に勝って1年間ショートを守れたらと思います」

 最近2年は慣れ親しんだポジションを明け渡したが、矢野監督の就任を受けて再挑戦。キャンプでも初日からフルメニューをこなし指揮官から第1クールのMVPに指名された。11日の紅白戦で実戦初出場を果たすなど例年にない早さで調整を続けてきた。

 「ポジションもない状態で、一からやると決めて臨んだキャンプだったので(矢野監督から姿勢を絶賛されたことは)そういう意味では良かったです」。表情を引き締めたまま、次なる戦いの舞台に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月28日のニュース