大谷、28年ロサンゼルス五輪での野球復活を希望

[ 2019年2月28日 08:46 ]

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手は27日、キャンプ地のアリゾナ州テンピで取材に応じ、野球が2024年パリ五輪の追加種目候補から落選したことを受け「復活するに越したことはない」と28年ロサンゼルス五輪での復帰を希望した。

 野球は日本や発祥国の米国では盛んな一方、世界的な普及が課題になっている。大谷選手は「見たことない人が目にするチャンスがあるところ。目に留まればやってみたいと思う人が増えるかもしれないので、そういう意味では復活してほしい」と五輪で実施する意義を強調した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月28日のニュース