阪神ドラ3木浪、5戦連続安打!亜大先輩・九里から先制2点打

[ 2019年2月22日 05:30 ]

練習試合   阪神5―0広島 ( 2019年2月21日    宜野座 )

初回2死満塁、木浪は右前に2点適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 これはもう本物だ。阪神は21日、宜野座にリーグ3連覇中の広島を迎えた練習試合で5―0で快勝。ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=Honda)が先制の2点右前打を含む4打数2安打2打点とまたもアピールに成功した。

 亜大の先輩・九里を打ち砕いた。初回2死満塁。直前に中谷が初球を三飛に倒れ、好機がしぼみかけた中でも、木浪の集中力は乱れなかった。カウント1―1から甘く入った直球を強振。速い弾道で右前に運ぶ先制、そして決勝の2点打としてみせた。

 「先制点が欲しい場面だったんで、何とか打ってやろうという気持ちだった。プロの世界では甘いボールはあまり来ない。その中で練習から1球に対する執着心というのを大切にしています」

 相手が岡田に代わった3回2死一塁の第2打席では、バットを折られながらもしぶとく右前に落とし、大山とのヒットエンドランを成功させた。「差し込まれたけどしっかり振った結果だと思う」。4打数2安打2打点で今キャンプの実戦は5試合連続安打。13打数6安打6打点、打率・462もすごいが、走者を置いた場面では7打数5安打6打点、打率・714にまで跳ね上がる。DeNA・東野スコアラーも「適時打が多いし、得点圏でも強い選手なのかな」と顔をしかめた。

 亜大で3学年上だった九里は「いい打者。大学の後輩ですけど、今後は打たれないようにしたい」と唇をかんだ。この日は藪田、板山など多数の亜大出身者が出場。試合前には板山とともに敵軍のドラフト6位・正随からあいさつされ「お互いに試合に出たら頑張ろうな」とエール交換する一幕もあった。

 中谷のミットを借りて初めて就いた一塁では、4回に松山のゴロを逆シングルでさばくなど無難にこなした。これで実戦で内野の全ポジションを守ったことになり、万能ぶりでもアピールが続く。矢野監督は「一塁も大学の時に少しだけやったとは聞いていた。いろんなオプションを考えると、やっておいた方がいいと」と説明。先発ローテーション入りが有力視される九里、岡田からの2安打には「いきなりあそこでタイムリーを打つのは素晴らしかった。1本で終わらないのも非凡なところ」と絶賛だ。

 実績十分の鳥谷、上本に、虎の未来を担う大山や糸原、北條もいる内野の定位置争い。その大激戦区に割って入るような楽しみすぎる新人が登場した。(山添 晴治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース