ヤクルト樹理、新フォークで4K 2回無安打で開幕ローテ前進

[ 2019年2月22日 08:45 ]

練習試合   ヤクルト3―3DeNA ( 2019年2月21日    浦添 )

2回を無失点、4奪三振の好投を見せたヤクルト2番手・原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・原がDeNA戦に2番手で登板し、2回を無安打無失点4奪三振。2回を抑えた9日の紅白戦から連続無失点を伸ばした。

 握りを深くしたスピードの遅い「新フォーク」を披露した。4回1死から細川を128キロで空振り三振に仕留めると、5回にも先頭の桑原に129キロを投じて見逃し三振を奪った。「このキャンプからやっている。使えるようになれば良い」と手応え。開幕ローテーション入りを狙う右腕に小川監督は「あの投球をすれば間違いないんじゃないですか」と太鼓判を押した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース