レッズ救援投手 投打の二刀流に挑戦 昨季は代打満塁弾など4本塁打

[ 2019年2月22日 15:37 ]

レッズのマイケル・ロレンゼン投手 (AP)
Photo By AP

 レッズのマイケル・ロレンゼン投手(27)が21日、投手としての練習後に外野手とともに打撃練習に参加した。

 昨季のロレンゼンは救援投手として45試合に登板し、4勝2敗、防御率3・11と安定した投球を披露。また、打者としても代打満塁弾を放つなど、打率2割9分(31打数9安打)、4本塁打、10打点と野手顔負けの数字を残した。

 レッズはこの優れた打撃を活かしたい考えで、ロレンゼンを投打の二刀流選手として扱い、今春のキャンプでは投球練習と並行して打撃練習にも参加させるプランだという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース