DeNA筒香、新フォーム初安打 球数制限問題にも言及「祈っています」

[ 2019年2月22日 05:30 ]

練習試合   DeNA3―3ヤクルト ( 2019年2月21日    浦添 )

初回1死一塁、筒香が適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香が新フォームで「今季初安打」を放った。「4番・DH」で出場すると、初回1死一塁から小川のフォークをはじき返し鋭い打球が右前で弾んだ。実戦2試合3打席目で快音を響かせ「順調なので、このままコンディションだけ気をつけてやっていきたい」と手応え。

 また、投手の球数制限を導入しようとしている新潟県高野連についても言及。今春からの運用については、日本高野連から再考を求められているが「何事も最初にやるのは勇気がいる。いい形になることを祈っています」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース