大谷 スローイング3月にも再開へ「何通りかプランを」

[ 2019年2月22日 02:30 ]

エンゼルス・春季キャンプ ( 2019年2月20日 )

米メディアの取材に応じるエンゼルス・大谷(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 打者と同時に来季の投手復帰に向けたリハビリも進めるエンゼルスの大谷は、早ければ3月中にスローイングを再開できる見通しを示した。

 「(キャンプ)終盤でちょっと投げられればいい。何通りかプランを立てていきたい」。投手のトミー・ジョン手術後のキャッチボール再開は4〜5カ月後が目安。昨年10月に手術した大谷がキャンプ終盤に投げられれば約5カ月で、十分に慎重を期した形となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース