久保康友 メキシカンリーグ挑戦のため出発「怖さもありますが、貴重な体験になると思います」

[ 2019年2月22日 19:00 ]

メキシコへ出発した久保康友
Photo By スポニチ

 阪神などNPB3球団で通算97勝を挙げた久保康友投手(38)が22日、メキシカンリーグ挑戦のため関西空港発成田経由でメキシコへ出発した。

 「野球のレベルが高いし、新しい土地、知らない土地ですからワクワクしています。(安全面での)怖さもありますが、貴重な体験になると思います」

 17年オフにDeNAを退団し、昨年は米独立リーグでプレーした。今オフは自主トレを継続し、今年に入ってからは本格的な投球練習も開始。メキシカンリーグに所属するレオン・ブラボーズのキャンプに参加するため、万全の体制を整えてきた。

 地元紙はすでに同球団との契約が完了したことを伝えているが、久保は「向こうはテストみたいな感じ。下手したらはじかれます」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース