ロッテ1軍サバイバル!藤原VS安田 開幕スタメン懸け9番勝負

[ 2019年2月22日 05:30 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月21日 )

ロッテ・藤原を起用した千葉市消防局の火災予防運動ポスター 
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)が開幕スタメンを懸けた9番勝負に挑む。沖縄・嘉手納市内のチーム練習に参加。ゴロ捕球やフリー打撃を行った注目ルーキーは「疲れてしんどいときでも結果を出せるように練習したい」と、沖縄で最後の汗を流した。

 チームは22日に高知に移動し、23日から西武2連戦(春野)に臨む。ここまで7試合で20打数5安打(打率・250)。西武戦から鈴木、清田の野手ベテラン組も一部合流するが、井口監督は「藤原はまだレギュラー争いの一人」と明言した。本拠地初戦となる3月9日のオープン戦・中日戦(ZOZOマリン)までに1軍メンバーを固める方針で、藤原だけでなく、2年目・安田にもチャンスはある。残り9試合。活躍次第で高卒1年目の開幕スタメンが見えてくる。(君島 圭介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース