マエケン ライブBPに登板 打者3人に計18球、安打性の当たりは3本

[ 2019年2月22日 07:51 ]

ドジャースの前田健太
Photo By スポニチ

 ドジャースの前田が21日(日本時間22日)、ライブBPと呼ばれる実戦形式のフリー打撃に登板した。

 ヘルナンデス、マンシーの主力2人とマイナー選手のリオスを相手に合計18球を投げ、安打性の当たりは3本。9年ぶりにチームへ復帰した36歳の捕手マーティンとコンビを組んだ右腕は「経験があって、フレーミング(際どい球をストライクに見せるキャッチング技術)も構えも完璧。アドバイスをもらって、悪いところを言ってもらえればためになる。どんどん意見を聞きたい」と意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース