ヤクルト・ドラ1清水、零封デビューも「まだまだ」

[ 2019年2月22日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト3―3DeNA ( 2019年2月21日    浦添 )

デビュー戦で1回を無失点に抑えたヤクルトの新人・清水(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・清水(国学院大)が実戦デビューし1回を1安打無失点に抑えた。8回に登板し、1死から中井に左前打を打たれたが、続く大和を二ゴロ併殺に仕留めた。

 それでも「(納得のいく球は)まだまだ1球も投げられていない」と渋い表情。今後はイニングを伸ばし、先発枠入りを目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月22日のニュース