未契約選手が溢れる大リーグ バーランダーがFAシステムの崩壊を指摘

[ 2019年2月12日 17:24 ]

アストロズのジャスティン・バーランダー投手 (AP)
Photo By AP

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手(35)が11日、自身のツイッターでフリーエージェント(FA)のシステムが崩壊していると指摘した。

 大リーグのオフは動きの鈍い傾向にあり、春季キャンプが間近に迫る中、このオフも今季の所属先が決まらない選手がFA市場に溢れている。ブライス・ハーパーやマニー・マチャドといった大物も未契約だが、バーランダーは次のようなメッセージを発信している。

 「100人近くのFA選手が未契約。システムが崩壊している。選手を獲得しようとしない球団は、再建中であることをその理由にしているが、そんなのは大嘘。ハーパーやマチャドは、チームの再建にもってこいの選手ではないか」。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月12日のニュース