楽天開幕候補がブルペン競演!岸101球、則本150球 平石監督「僕の中では決まっている」

[ 2019年2月12日 17:44 ]

楽天春季キャンプ ( 2019年2月12日 )

<楽天キャンプ>ブルペンで則本昂(左)と並んで投球する岸(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 開幕投手候補の楽天・則本と岸が、沖縄・金武キャンプのブルペンで「競演」した。ともに100球オーバーの熱投だった。

 先にブルペンに入った岸は2日連続の投球練習。捕手を座らせてオール直球で101球を投げた。

 途中から則本もブルペンへ。岸の隣で計150球を投じた。10球ほど投げた時点でフォームのバランスもよく「きょうはいけそう、と思って、その時点で投げ込もうと思った。いいフォームで投げられた」。直球と変化球を5球ずつ交互に投げ「変化球の練習もしたいし、真っすぐの精度も上げたい。連続、反復してやらないと」と話した。

 平石監督も見守る前での熱投。則本は2年連続6度目の開幕投手へ向けて「今年は開幕戦のマウンドに自分が立つことをイメージして練習している」と強い意欲を見せた。

 2人の争いについて指揮官は「僕の中では(開幕投手は)決まっている。もう整理はついています」。本人にすでに伝えたかは明言しなかったが、沖縄でのキャンプ終了の25日にも公表したい考えを示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月12日のニュース