西武ドラ4粟津、シート打撃初登板 打者7人から2K1安打

[ 2019年2月12日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月11日 )

シート打撃に登板する粟津(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト4位・粟津(東日本国際大)がシート打撃に初登板。横手投げの変則右腕は延べ7人の打者に対し、1安打に抑えた。

 直球の最速は138キロ。変化の大きい独特のカットボールで2三振を奪い「まさか三振を取れるとは思わなかった。直球の軌道に近い変化で(カットボールを)投げられればもっと空振りや打ち損じも増える。(投げ方が)横からの強みを伸ばしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月12日のニュース