ソフトBドラ7奥村、実戦型の片りん見せた「楽しかった」

[ 2019年2月12日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月11日 )

シート打撃に登板した奥村(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト7位・奥村(三菱日立パワーシステムズ)もシート打撃で好投した。打者6人に対し2安打されたが、間合いを変えた、けん制で一塁走者を誘い出すなど実戦型であることを証明。中村晃にはフォークを左前に運ばれ「ちょっと当てただけなのに打球が速かった」とプロの力を体感。「楽しかった。高いボールは振ってもらえないので、高さを意識していかないと」と課題を口にした。

 田中は最速149キロをマーク。打者6人に投げ、中村晃には右翼線二塁打を許したが、力のある直球で押し込んだ。空振り三振に倒れた今宮は「良い球を投げていた」と舌を巻いた。けん制や投ゴロもきっちり処理。倉野投手コーチは「コツコツやってきたことが成果になってる。問題ないレベルに来たので、投球に集中できてる」と評した。

 森は打者6人に投げ、内川と福田に安打を許したものの、堂々のピッチングを披露した。「力が入って球にバラつきがあった。ヒット2本は気にしていない。最初にしてはまずまず」と手応え。昨季セーブ王の鉄腕がこの日は1番手で登場。きれいなマウンドに「緊張しました」と苦笑いしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月12日のニュース