阪神・才木、開幕ローテへアピール成功!“抜き球”効いて2回無失点

[ 2019年2月8日 05:30 ]

阪神紅白戦   紅組10―7白組 ( 2019年2月7日    宜野座 )

紅白戦で2回無失点の投球を見せた才木(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の紅白戦が行われ、紅組の先発マウンドに上がった才木が、開幕先発ローテーション争い第1ラウンドで、アピールに成功した。2回2安打無失点。2回7失点と精彩を欠いた白組先発・望月とは対照的に、危なげない投球を展開した。

 「真っすぐは良くなかったですが、その代わりに変化球でカウントを取れた。そこは良かったと思います」

 落ち着き払ったマウンドさばきでアウトを積み重ねた。初回、先頭の江越に初球の146キロ直球を左前に打ち返されたが、淡々と後続を断った。先頭だった大山に左前打を許した2回も無失点。高卒3年目だが、昨季に挙げた6勝の経験もあり、その投球には貫禄すら漂った。

 「収穫はヒットを浴びた後に変化球でカウントを取れたり“抜き球”がけっこう使えたことですね」

 安打を浴びても熱くならず、変化球でカウントを整えて流れを変えた。120キロ前後の新球「抜き直球」を随所に散りばめ、打者のタイミングを崩した。セットポジション時のテンポにも変化を加え、18・44メートルを支配。この日の結果は、投球の幅の広がりがもたらした必然の産物だった。

 矢野監督からも「ピッチングというところでは一番、才木ができていたと思う。セットでの投げるタイミングだったり、けん制だったりというのは一番、しっかりできていたように見えた」と高評価を引き出した右腕。開幕へ、一歩前進した。(惟任 貴信)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース