中日・小笠原2軍監督は右眼窩底骨折、手術の必要なし 9日から練習合流

[ 2019年2月8日 19:26 ]

中日・春季キャンプ ( 2019年2月8日 )

中日の小笠原2軍監督
Photo By スポニチ

 中日沖縄キャンプの宿舎内で転倒、顔面を負傷した小笠原道大2軍監督(45)が8日、沖縄市内の病院で診察を受けた結果、右眼窩(か)底骨折と診断された。手術の必要はなく、保存療法で治癒を待つ。視力、脳に異常はなく9日から通常通りキャンプに参加する。

 関係者によると、小笠原2軍監督は7日夜に宿舎のベッドから落ちて顔面を強打、8日朝のミーティングに参加後、検査のため病院へ行っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース