ヤクルト・高梨、9日紅白戦で移籍後初登板「どう反応するのか見てみたい」

[ 2019年2月8日 18:17 ]

ヤクルト春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

<ヤクルト・浦添キャンプ>室内でキャッチボールする高梨(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 オフに日本ハムからトレードで加入したヤクルト・高梨裕稔投手(27)が9日の紅白戦で移籍後初登板する。ブルペンで約40球を投げ前日調整を終えた右腕は「(今年)打者に投げるのは初めてなので、自分が良いと思ったボールに(打者が)どう反応するのか見てみたい」と話した。

 プロ2年目の16年に10勝を挙げパ・リーグ新人王に輝いたが、過去2年は7勝と5勝。「2桁勝てばチームに貢献できる。あとはローテーションを1年間守ること。しっかりアピールしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース