西武ドラ1松本航“魔球”披露 予測不能ツーシームに渡辺GM「今の何?」

[ 2019年2月8日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

ブルペンでツーシームを投げる松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト1位・松本航(日体大)が投じた球に、渡辺久信GMが「今の何?」と声を上げた。即戦力右腕が今キャンプで5度目のブルペンで変化球を交えて最多の103球を投じた。際だったのがツーシームだ。

 大学3年の時に取得し、シュートすることもあれば、フォークやチェンジアップのように落ちることもある。投げる本人も「どっちに曲がるか決まっているわけじゃない」という予測不能の魔球だ。

 投球を受けた上本達之ブルペン捕手は「直球は(楽天の)岸に似てきれいに来る。直球がいいので(ツーシームは)効くんじゃないかな」と絶賛。100球超えの投球でペースを上げた松本航は「精度をもう少し上げていきたい」と意気込む。 (武本 万里絵)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月8日のニュース