ソフトB和田、左肩「全然大丈夫」前日に9カ月ぶりブルペン

[ 2019年2月8日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

キャッチボールを行う和田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 6日に昨年5月以来9カ月ぶりのブルペン投球を行ったソフトバンク・和田が、この日は遠投などで調整した。昨年痛めた左肩の状態については「全然大丈夫。違和感なくできた」とホッとした表情を見せた。9日からの第3クールに向けて「(状態を)確認しながらスケジュールを決めていきたい」と話した。

 右肩に不安を抱えリハビリ組で調整するソフトバンク・加治屋が、ブルペンの傾斜をつかってキャッチボールを行った。約10球を投じ「傾斜の確認ですね。キャッチボールでは腕を振って投げられているので、あとは上げていくだけ」と順調な回復ぶりをアピール。次クールでは本格的なブルペン投球を再開する見込みだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース