阪神ドラ1近本、紅白戦で“プロ初安打”「状況に応じて狙っていけた」

[ 2019年2月8日 05:30 ]

阪神紅白戦   紅組10―7白組 ( 2019年2月7日    宜野座 )

紅白戦の3回1死一塁、近本は右前打を放つ(撮影・山口 和洋) 
Photo By スポニチ

 阪神の紅白戦で、紅組の「2番・中堅」で先発したドラフト1位・近本(大阪ガス)が、デビュー戦で即戦力野手の実力を誇示した。

 「一塁手が塁に付いているので一、二塁間が少し空いていた。しっかり引っ張れたら、一、三塁を作ることができる。状況に応じて狙っていけたので、あの打席はよかったと思います」

 3回1死一塁、走者・上本の状況で迎えた第3打席。ノーサインの中、社会人出身らしく、必要とされる役割をイメージしていた。馬場の140キロ直球を「狙って」引っ張った打球は一、二塁間を強烈なゴロで破る“プロ初安打”の右前打。想定通り、一、三塁の好機を作り出す満点のケース打撃を実行した。

 ただ、直後の打者・北條の時にけん制で誘い出されてアウト(記録は盗塁死)になり“初盗塁”はお預けに。「70点」と辛口採点し、次戦での巻き返しを見据えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月8日のニュース