MLB「投手の打者3人対戦義務導入も」選手会とルール変更議論

[ 2019年2月8日 05:30 ]

 大リーグ機構(MLB)と選手会が議論しているルール変更の詳細を6日(日本時間7日)、AP通信が報じた。時短を目的とする「投手の打者3人との対戦を義務化(イニング終了の場合は除く)」は、早ければメジャーで来季から導入される。実現すればワンポイントのリリーフだけではなく、救援投手を先発起用する「オープナー」への影響も必至だ。

 機構側は他に、「投高打低」の傾向を改善すべくマウンドを低くする検討などを提案している。選手会側はナ・リーグのDH制導入、下位球団へのドラフト優遇措置の見直しに加え、他のプロスポーツとの二刀流を目指すアマ選手へのメジャー契約の容認(現在はマイナー契約のみ可能)などを求めている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月8日のニュース